[本]生活者視点で新規事業を今一度考える「機会発見――生活者起点で市場をつくる」

新規事業の種をどうやってみつけてくればよいのか。新規事業担当者が日々ため息をつきながら、思い悩んでいることだと思います。特にB2Cでは、生活者の課題。そこに新規事業のシーズが潜んでいる。そう思っている方も多いと思います。

日々、B2Cでの新規事業創出を目指している方、生活者分析を起点として、新しいビジネスを考えて行きたい方、既存製品をこれまでにない新しいインサイトをもとに、変えていきたい方。そんな方に読んでほしい本です。

この本の作者である岩嵜さんは10年近くに渡って、これまでにない新しい製品やサービス、事業を作るにはどうしたらよいかを考え続けた方です。それを考え、実践して、また考えを続けて、編み出されたのがこの本です。岩嵜さんの経験に裏打ちされた内容となっています。

機会発見には3つのアプローチが重要だと言われています。

「MECE]ではなく、「枠外の視点」を探索する
「定量情報」ではなく、「定性情報」を収集する
「分析」ではなく、「統合」する

アタマが良い人、分析が得意な人は、新しい問題を見つけた時には、とかくMECEで考えようとします。既存製品の延長を考えていく場合は、それでもよいのですが、新しい事業、これまでの枠にはまらない事業を考える場合は、それではだめです。枠外の視点。それが重要となってきます。

また、これまで既存製品のマーケティングに関わってきた人はとかく、定量情報に着目します。訂正情報は所詮は限られたNによるもので、必ずしも十分な情報とは言えません。そこで、定性的に受容性を評価することにいきがちです。しかしながら、そもそも新しいものの重要性はなかなか限られたアンケート調査ではわかりません。そこで、新規事業ではデプスインタビューなど、訂正情報が重要となります。

また、いくら現実の情報を頑張って分析しても、行き着く先はありきたりの結論。いろんな会社がやっている事業にいきつくだけです。それよりも、よくあるアイデアだとしても、それらを組み合わせて、統合して、新しいアイデアを見つけていくことのほうが重要です。

ぜひ、新規事業のやり方で悩まれている方は、一度手にとって読んでみると、これまで学んだことを整理しつつ、新しい発見がある本です。


[映画]グラディエーターでみるローマ皇帝の立場

映画から、ビジネスパーソンに有用なリーダーシップなどを学ぶこともできます。今回は、ローマの剣闘士(グラディエーター)の話です。組織の上に立つものがどういう危うさやそれに対するかについて、敵方から学びます。

あらすじとしては、西暦180年の大ローマ帝国で、皇帝マルクス・アウレリウスから非常に信頼を受けている将軍マキシマスという架空の人物を主役としている話です。皇帝アウレリウスはマキシマスに次期皇帝を指名しますが、その事実をしったアウレリウスの息子コモドゥスが皇帝アウレリウスを殺し、皇帝となってしまいます。

マキシマスは命を追われ、家族は処刑され、コモドゥスへの復讐に燃えます。マキシマスは、奴隷商人に買われ、コロシアムといった見世物の中で戦う剣闘士(グラディエーター)になって、戦い、コモドゥスへの復讐へと向かっていきます。

ストーリーはこれぐらいにして、この映画の中で印象的なシーンがあります。それはローマが誇る巨大コロシアムであるコロッセオでの出来事です。コロッセオで活躍したマキシマスに会おうと皇帝コモドゥスが戦いの場までできます。そこで、コモドゥスは自分に対して復讐に燃えるマキシマスに出会います。

通常ならば、皇帝であるコモドゥスはマキシマスを近衛兵を使って殺させるのは普通の手段だと思います。マキシマスはコモドゥスを殺したくて仕方がないのですから。

しかしながら、この場面で、コロッセオのたくさんの観客から、「殺すな!殺すな!」コールが出ます。それに対して、コモドゥスは結局マキシマスを殺さないというサインを出すしかありませんでした。

皇帝という名を聞くと、我々はなんでもできるような印象を受けます。気に入らないものは、力がなければ、どんなことでもできそうな気がします。しかし、少なくともこの時代のローマ皇帝は、民衆の支持によってのみ支えられている非常に危うい存在で、復讐に燃える敵(主人公)ですら、その支持がなければ殺せないのが実情でした。

これは企業経営で上に立つ場合でも似たことがあるのはないでしょうか。社長、それも株の過半を持つオーナー社長でも、民衆に相当する従業員の支持基盤なしでは、企業運営ができません。もちろん、その状況は企業ごとに異なると思いますが、そういう会社もあると思います。

コモドゥスは結局民衆の支持を得るために、コロッセオでマキシマスと一騎打ちに挑むことになります。皇帝が元将軍とはいえ、奴隷に挑むなんて普通ではありませんが、一方で、民衆の支持を得るためにそこまでやらなければいけないという切実感を感じさせます。

企業の社長も従業員の支持を得るためには、そういったことが(戦略的に正しいかは考えるとして)、必要なのかも知れません。


[ドラマで学ぶ]ブラックペアンでみるロボット・AIに対する感情

引き続き、人気ドラマでみる現在の世相シリーズです。今度は2018年4~7月期と最近のドラマである「ブラックペアン」を取り上げたいと思います。

ドラマ「ブラックペアン」の主人公渡海征司郎は、大学でえらくなるために必要な論文を書かないため、全然出世できず、一般医局員のままですが、手術の腕はものすごい外科医です。執刀医が手術に失敗したときには、その挽回を請け負うために、失敗した執刀医に辞表を出させて、退職金を巻き上げるということをやっている個性のあるキャラクターです。

原作は、海堂尊さんの「ブラックペアン1988」となっています。

2007年発売であるが、1988とあるように、1988年を意識した原作となっています。ただ、その原作の時代背景とは関係なく、ドラマでは手術支援ロボットなど、様々な最新のテクノロジーが出てきます。

ドラマの視聴率は初回13.7%から平行線をたどるものの、ラスト3回は16.6%、最終回は18.6%と、終盤にかけて伸びる傾向にあり、ドラマのおもしろさが口コミで広がったことがみてとれます。

医療の視点からはツッコミどころがいろいろあることはさておき、このドラマは何の世相を反映しているのでしょうか?

それは、決め台詞の一つである「最後は人」に表れていると思います。ドラマ中は手術ロボットや遠隔手術などの最先端のテクノロジーが出てきますが、お約束の展開として、失敗して、渡海先生が最後に、自分の手でうまく手術を挽回させます。

昨今、AIやらロボットやら、人の仕事が奪われていくというニュースがたくさん流れています。もちろん、すべての仕事がロボットやAIに取って代わられるわけではないですが、漠然とした将来の自分の職への不安が掻き立てられます。

その中で、ロボットやAIが失敗し、人の手でそれを挽回する。そんなストーリーをきくことで、その将来への不安を和らげることができます。それが、このブラックペアンの視聴率アップに寄与しているのではないでしょうか。


[教養]ドラマや映画、小説から学ぶ今の世相、人の心、その国の文化

昔、どこかのブログで読んだのは、(どのブログか忘れてしまったので記憶がおぼろげですが)、日本人のビジネスパーソンはドラマとか小説を読む量が少ない。ドラマや小説から人の機微を感じ取る力をつけるのが重要という話がありました。

また、ドラマで視聴率が高いものは、その時代の一般消費者の世相や考えを表しているから、それをみることは重要だというようなことが書かれていました。基本、素直なタカムはそれ以来視聴率の高いドラマをみるようになりました。

例えば、2017年で一番視聴率が高かったのはドクターXです。

もうシーズン5まできていて、過去の人気を引きずっているかたちとなっています。 もともと、2012年にシーズン1が開始されています。

米倉涼子が演じる大門未知子は、特定の病院や医局に属さない、フリーランスの女性外科医です。その主人公が権威となる大学病院や医局の中で、次々と手術を成功させ、大金を得ていくお話です。「私失敗しないので」は病院ではリスクマネジメントの観点から、禁句のような言葉ですが、それを決めゼリフとして使います。

この作品が人気なのは、もちろん、米倉涼子を始めとする素晴らしい役者の演技や出てくる方々のキャラがたっているなど、いろいろあると思います。メロンを持ってくるとか。

では、この人気について、世相をみるという観点では、どうでしょうか。背景に、組織に束縛されず、フリーランスとして活躍して、大門未知子のように、権威をギャフンと言わせたいという気持ちがあるのではないでしょうか。おそらく、フリーランスとして活躍している人というよりも、フリーランスを憧れるけど、現実は組織に飛び出していく勇気のない人が、主人公の活躍をみて、胸がすっとするというところがあると思います。

そういう観点で、ドラマをみてみると、ドラマに対する新しい見方ができるのではないでしょうか。




 

 

 


[教養本]ビジネスパーソンとしてグローバルな視点として本当に必要なもの「社会人のリベルアーツ」

奴隷的生き方からなんとしてでも脱したい。そのためのものの見方、それを知りたい。

リベラルアーツを通じて、グローバルの中での日本人や他の国の人の考え方の本質を知るのはどうすればよいか、それを知りたい人におすすめの本です。

「社会人のリベルアーツ」

リベラルアーツの一般的な説明を知りたいならば、この本はまとはずれとなるかもしれません。麻生川静男流のグローバルリテラシーを知りたい教養本です。

リベラルアーツを、奴隷的生き方から脱するための武器と位置づけています。そのために、重要なことは「文化のコア」とはなにかを理解し、そして、日本と世界がなにかを掴むことを説明しています。

特に歴史書の読み方については、歴史の概説書を読み込んで、事件のあらすじを知ることよりも、原点の歴史書を読むことを勧めています。原点とは、例えば、中国史としては、資治通鑑を勧めています。資治通鑑には、中国の歴史が生々しく記載されています。イベントではなく、生々しい実態を感じることが重要です。

また、話し方の手法としては、レトリックの重要性を述べています。レトリックは、日本語で修辞学と訳されるため、よく知らない人は、素晴らしい言葉を浸かった文章を作ることがレトリックだと思っている方もいるかもしれません。自分も実はそう思っていました。それは一つの見方に過ぎません。もともと、民主政治で大衆を自分側に引き寄せる演説の手法。それがレトリックです。

普通のリベラルアーツではなく、グローバルリテラシーのための李バラルアーツを身に着けたい方は、ぜひこの本を読んでみてください。


[本]味覚ってこんなに奥が深いんだ!「「味覚力」を鍛えれば病気にならない」

味覚ってこんな奥が深くて、我々の体の状態、健康、病気と密接に関係しているだ。

味や味覚というものの科学的な側面、医学的な側面について、一般の新書として軽く読んでいきたい人におすすめの本です。

「味覚力」を鍛えれば病気にならない――味博士トレーニングメソッド

この本のおもしろさは、味覚のメカニズムやそれがどうして病気とつながっているかがわかるだけではなく、味覚を鍛えることで、ダイエットなどにもつなげていける方法が書かれているところです。

味覚と病気の関連ですが、非常に密接に関係しています。糖尿病になるリスクが高い人は、甘味を感じにくくなっているそうです。また、高血圧になりそうな人は塩味を感じにくくなっているとのことです。このように味覚は病気と関係しています。

本文中には下記のような記載があります。これは、我々も心当たりがあることのように思います。よって、逆に食欲をおさえるための味覚の組み合わせというものも考えられます。

異なる種類の味刺激があると、人間は食欲がどんどん湧いてきてしまう。

 

著者はAISSYという味覚センサーや味覚に関する商品開発やマーケティングの支援などを行っている会社の創業者で、味博士とも呼ばれています。著作には、「味博士のぜったい太らない食べ方」や「日本人の味覚は世界一」もあります。

味覚の奥の深さ、そして病気との関連とそのコントロール方法。そんなことが知りたい方はぜひこの本を読んでみてください。


妊娠初期はまだまだオメデタをおおっぴらに喜べないかも・・・

妊娠検査薬で陽性が出た。やった。これまで妊活をがんばってきたかいがあった。多くの旦那さん、奥さんが思うことだと思います。でもでも、まだその段階では喜ぶのが早い時期かも。

妊娠初期にどういうことがあるか、何を気をつけるのか、「つわり」ってそろそろ?そう思った方は、ぜひ「コウノドリ」8巻をお読みください。

今回の話では、3人の妊娠初期の方が出てきます。1人は病院で働く看護師さん、2人目は仕事で働くママです。どちらも、つわりに苦しみながら仕事をがんばっています。ただ、この時期結構大事な時期でもあります。3人目は高齢妊娠で喜ぶ夫妻。

高齢妊娠の土井さんは、妊娠5週です。やっとやっと子宮の中に胎嚢という袋が確認される段階です。胎嚢とは、赤ちゃんを包む袋です。超音波検査で確認できます。

ただ、胎嚢が確認できただけでは、まだまだ正常妊娠とはされません。胎嚢と胎芽、そして心拍の確認が必要です。実は、最後の心拍が発見される前の段階が、一番流産しやすいと言われています。

妊娠3ヶ月までの妊娠初期での流産率は約15%と言われています。40歳以上では50%う以上と言われています。

よって、胎嚢が確認できても、心拍が確認する前では、産科医から、母子手帳はまだ早いです。両親とか周りへの報告も心拍を確認してからと言われたりします。

そんな妊娠初期とはどんなものかを知るためにも「コウノドリ」8巻をおすすめします。

 

 

 

 


[妊娠・出産]妊娠を目指す夫妻、妻が妊娠した夫は風疹の予防接種を受けよう

風疹といってどんなイメージを持ちますか?子供の頃にかかって大変な病気。そんなイメージではないでしょうか?

あなたは子供の頃に風疹にかかったことはありますか?おそらく、かかったような、かかってないような。いまいち記憶がない。はしかと風疹は違うの?

そのような記憶が曖昧な妊娠を目指す夫妻、あるいは、妻が妊娠した夫にまず読んでほしいのが、「コウノドリ」の4巻です。特に、男性のみなさんに読んでほしい!

第4巻では、目の見えない子供(ハルカちゃん)が登場します。目の見えない子供の原因は、先天性風疹症候群と呼ばれるものです。お母さんが妊娠している時に風疹にかかってしまった場合、そのお腹の中の子供が目が見えない、耳が聞こえない、心臓に奇形が出るリスクが高まります。妊娠7週目にかかると先天性風疹症候群になる確率は80%。そんなに。。。

コミック中のハルカちゃんをみていると、ウルウル、涙が出ます。

風疹とは、子供が発症するイメージですが、8割は20代~40代で発症しているのが現状です。

風疹のワクチン接種を受けてない世代がいます。実は20代後半~40代。まさに、現在妊娠・出産に関わりそうな世代は、ワクチン接種の問題で受けてないのです。こういった人が風疹にかかり、ウィルスを広めていくことで、かわいそうな子供が

注射一本で防げるものですので、ぜひ風疹の予防接種を受けましょう。お母さんも、産後になったら受けましょう。

 


[妊娠・出産]妻が妊娠時にまず読むべき「ダンナのための妊娠出産読本」

「ダンナのための妊娠出産読本」という、旦那さんの救世主のような本を知っていますか?

妊婦

妻から実は子供ができたの、と言われ、妊娠・出産。全然わからないよ!どうしよう!と思ったときに、起死回生の知りたい情報が満載の本。それがこの本にピッタリの印象です。

妻が妊娠して間もない時期でかつ、初めての子供という場合のダンナさんにおすすめしたい内容となっています。

この本のおもしろさは、妊娠・出産した妻の視点の本ではなく、右往左往しているダンナのための本である点です。

著者は「コウノドリ」の主人公鴻鳥サクラのモデルとなった山海荻田和秀さんです。よって、妊娠・出産のプロであるとともに、一般の人にわかりやすく説明することにも長けている著者となっています。

ちなみに、妊娠して「オメデタ」とはどれぐらいの時期だと思いますか?はっ?お前何を言っているの?妻が妊娠した時が「オメデタ」に決まってるんだろ。そう思った方もいるかと思います。ちなみに、私も妻が妊娠するまではそう思っていました。

この本では、妊娠検査薬で陽性が出た段階。。。ではなく、妊娠8週以降で赤ちゃんの心拍が見られた段階を「オメデタ」の基準としています。これは、実際に、産婦人科に行った私の経験でも、心拍が見られるまでは、周り(親など)に妊娠したと言わない方がいいと言われています。

これはなぜかというと、受精卵5個のうち1子は赤ちゃんが育たないものとなっています。要するにその場合は、流産します。妊婦の生活や行動が悪いという理由ではなく、最初の段階からそう運命づけられています。そこらへんの事情もあり、「オメデタ」は妊娠8週以降となります。

こういったなかなか、初めての出産のパパにはわからない情報が、この本にはつめられています。ぜひ、妊娠したら、パパだけでなく、ママもこの本を熟読してみてくださいね。

 

 

 


[妊娠・出産]妊娠時に読むべき「コウノドリ」の要点を簡単に

突然の妊娠・出産に驚いてこのページをみていませんか?

妊婦

以前に妊娠したらまずコミック「コウノドリ」を読んで妊娠・出産のイメージをつかむことについて書きましたが、もうすでに結構な巻数出ていて、全部読むのは時間がないという人もいると思います。

そんな人におすすめなのは、「コウノドリ 命がうまれる現場から」です。コウノドリでの主要なトピックが名シーンの漫画部分と解説の文章で理解できる仕組みになっています。これ一冊を読めば、一通りの妊娠・出産にまつわる知識を知ることができます。主人公・鴻鳥サクラがナビゲートしてくれる

ここで取り上げられているトピックとしては、自然分娩と帝王切開とか、病院の産科と助産院の違いなど、病院を検討しはじめたら、疑問に思うようなところがでています。

それ以外にも、妊娠時のつわりや、妊娠中の旅行、妊娠中のお父さんの役割など、そのキーワードだけでも気になる内容が書かれています。

さらに、マタニティブルーや産後うつ、産後クライシスなど、あなたにとっても他人事ではない内容がつづきます。

妊娠・出産は、誰もが当たり前にできることではないということを「コウノドリ」を読むことで再認識できると思います。ぜひ、妻が妊娠したという方は読んでみてください。


スポンサーリンク