「 最後は人 」一覧

[ドラマで学ぶ]ブラックペアンでみるロボット・AIに対する感情

引き続き、人気ドラマでみる現在の世相シリーズです。今度は2018年4~7月期と最近のドラマである「ブラックペアン」を取り上げたいと思います。

ドラマ「ブラックペアン」の主人公渡海征司郎は、大学でえらくなるために必要な論文を書かないため、全然出世できず、一般医局員のままですが、手術の腕はものすごい外科医です。執刀医が手術に失敗したときには、その挽回を請け負うために、失敗した執刀医に辞表を出させて、退職金を巻き上げるということをやっている個性のあるキャラクターです。

原作は、海堂尊さんの「ブラックペアン1988」となっています。

2007年発売であるが、1988とあるように、1988年を意識した原作となっています。ただ、その原作の時代背景とは関係なく、ドラマでは手術支援ロボットなど、様々な最新のテクノロジーが出てきます。

ドラマの視聴率は初回13.7%から平行線をたどるものの、ラスト3回は16.6%、最終回は18.6%と、終盤にかけて伸びる傾向にあり、ドラマのおもしろさが口コミで広がったことがみてとれます。

医療の視点からはツッコミどころがいろいろあることはさておき、このドラマは何の世相を反映しているのでしょうか?

それは、決め台詞の一つである「最後は人」に表れていると思います。ドラマ中は手術ロボットや遠隔手術などの最先端のテクノロジーが出てきますが、お約束の展開として、失敗して、渡海先生が最後に、自分の手でうまく手術を挽回させます。

昨今、AIやらロボットやら、人の仕事が奪われていくというニュースがたくさん流れています。もちろん、すべての仕事がロボットやAIに取って代わられるわけではないですが、漠然とした将来の自分の職への不安が掻き立てられます。

その中で、ロボットやAIが失敗し、人の手でそれを挽回する。そんなストーリーをきくことで、その将来への不安を和らげることができます。それが、このブラックペアンの視聴率アップに寄与しているのではないでしょうか。


スポンサーリンク