「 ロボット 」一覧

[ドラマで学ぶ]ブラックペアンでみるロボット・AIに対する感情

引き続き、人気ドラマでみる現在の世相シリーズです。今度は2018年4~7月期と最近のドラマである「ブラックペアン」を取り上げたいと思います。

ドラマ「ブラックペアン」の主人公渡海征司郎は、大学でえらくなるために必要な論文を書かないため、全然出世できず、一般医局員のままですが、手術の腕はものすごい外科医です。執刀医が手術に失敗したときには、その挽回を請け負うために、失敗した執刀医に辞表を出させて、退職金を巻き上げるということをやっている個性のあるキャラクターです。

原作は、海堂尊さんの「ブラックペアン1988」となっています。

2007年発売であるが、1988とあるように、1988年を意識した原作となっています。ただ、その原作の時代背景とは関係なく、ドラマでは手術支援ロボットなど、様々な最新のテクノロジーが出てきます。

ドラマの視聴率は初回13.7%から平行線をたどるものの、ラスト3回は16.6%、最終回は18.6%と、終盤にかけて伸びる傾向にあり、ドラマのおもしろさが口コミで広がったことがみてとれます。

医療の視点からはツッコミどころがいろいろあることはさておき、このドラマは何の世相を反映しているのでしょうか?

それは、決め台詞の一つである「最後は人」に表れていると思います。ドラマ中は手術ロボットや遠隔手術などの最先端のテクノロジーが出てきますが、お約束の展開として、失敗して、渡海先生が最後に、自分の手でうまく手術を挽回させます。

昨今、AIやらロボットやら、人の仕事が奪われていくというニュースがたくさん流れています。もちろん、すべての仕事がロボットやAIに取って代わられるわけではないですが、漠然とした将来の自分の職への不安が掻き立てられます。

その中で、ロボットやAIが失敗し、人の手でそれを挽回する。そんなストーリーをきくことで、その将来への不安を和らげることができます。それが、このブラックペアンの視聴率アップに寄与しているのではないでしょうか。


[人工知能本読書感想]テクノロジーによって人の職を失うのか?「人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き」

まだ読んでいる途中ですが、「人間さまお断り」おもしろいですね。このタイトルは、人工知能技術によって、人間さまお断りという意味です。タイトルが奇をてらっているので、SFのような未来物語で、人の仕事が奪われていく話だと思いましたが、著者は人工知能研究、ベンチャービジネス両方に精通していることもあり、深い洞察を感じます。

そこで、今の人工知能やロボットによって、失業者があふれかわるかの議論があります。今回はそれについて考察したいと思います。

テクノロジーによって、職がなくなった経験は、過去にもあります。産業革命によって、機械によって、人間の仕事が奪われました。機織り機職人は、自動織機により、不要になりました。その他にもたくさんの仕事が不要になりました。

今現在はその当時に比べて、失業者にあふれているのでしょうか?実は、その変化はかなり長い期間によって徐々に変化していったため、機織り機職人が自動織機の使い方を覚えたり、また、新しい仕事が新たに生まれてそれについたりと、技術の変化により新しい職が生まれました。

ポイントはどこにあるのでしょうか。それは技術の変化のスピードがそれほど早くないところにあります。技術の変化がゆっくりならば、新しい技術に対応したり、それをもとに新たなる職が生まれて、失業者が増えるどころか、新しい職も生まれてきます。要するに、技術の変化と技術への対応のスピードがどちらが早いかということです。

今後、想定される人工知能やロボットはどうなるのでしょうか。それは、内容によります。例えば、グーグルのような巨大企業が牛耳っている業界が参入するような領域、ネットで完結するようなところは、グーグルの力でいきなり全世界に展開していくる可能性があります。そういった分野では、技術の変化は圧倒的に高いでしょう。

一方で、シェフのロボットによる代替はどうでしょうか。飲食店はとてもたくさんあり、バラエティに富みます。シェフがロボット化される場合は、大型チェーン店は早めに置き換わる可能性がありますが、全世界に広がるのは時間がかかります。そうなると、技術変化のスピードよりも技術への対応のスピードが上回るかもしれません。

技術の浸透度のスピードの観点から、その職の失業の可能性があるかを考えてみるのも面白いですね。

 


人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き
著者:ジェリー・カプラン
出版社: 三省堂
(2016/8/11)

【目次】
はじめに
導入(イントロダクション)――これがあなたの未来です
第1章 コンピュータに釣りを教える
第2章 ロボットに治りかたを教える
第3章 こそ泥ロボット
第4章 神々は怒っている
第5章 おまわりさん、あのロボットが犯人です
第6章 送料無料(フリー・シッピング)の国、アメリカ
第7章 大胆なファラオたちの国、アメリカ
第8章 どんな仕事も自動化できる
第9章 ぴったりの方法がある
導出(アウトロダクション)――これがあなたの子供たちの未来です
謝辞/原注/日本語版解説(松尾豊)

ジェリー・カプラン
Jerry Kaplan
1952年生まれ。ペンシルヴェニア大学でコンピュータ科学の博士号を得たのち、名高いスタンフォードAI研究所に入所。
その後いくつもIT部門の新興企業を興して成功、いまは古巣のスタンフォード大学に戻り、法情報科学センターのコンピュータ学部で人工知能の及ぼす影響と倫理について教えている。
起業家、発明家として知られるだけでなく、著述家としても高い評価を受けている。
著書に『シリコンバレー・アドベンチャー ザ・起業物語』(日経BP社)があるほか、2016年10月にはArtificial Intelligence: What Everyone Needs to Knowを刊行予定。


スポンサーリンク