「 デザインシンキング 」一覧

[本]生活者視点で新規事業を今一度考える「機会発見――生活者起点で市場をつくる」

新規事業の種をどうやってみつけてくればよいのか。新規事業担当者が日々ため息をつきながら、思い悩んでいることだと思います。特にB2Cでは、生活者の課題。そこに新規事業のシーズが潜んでいる。そう思っている方も多いと思います。

日々、B2Cでの新規事業創出を目指している方、生活者分析を起点として、新しいビジネスを考えて行きたい方、既存製品をこれまでにない新しいインサイトをもとに、変えていきたい方。そんな方に読んでほしい本です。

この本の作者である岩嵜さんは10年近くに渡って、これまでにない新しい製品やサービス、事業を作るにはどうしたらよいかを考え続けた方です。それを考え、実践して、また考えを続けて、編み出されたのがこの本です。岩嵜さんの経験に裏打ちされた内容となっています。

機会発見には3つのアプローチが重要だと言われています。

「MECE]ではなく、「枠外の視点」を探索する
「定量情報」ではなく、「定性情報」を収集する
「分析」ではなく、「統合」する

アタマが良い人、分析が得意な人は、新しい問題を見つけた時には、とかくMECEで考えようとします。既存製品の延長を考えていく場合は、それでもよいのですが、新しい事業、これまでの枠にはまらない事業を考える場合は、それではだめです。枠外の視点。それが重要となってきます。

また、これまで既存製品のマーケティングに関わってきた人はとかく、定量情報に着目します。訂正情報は所詮は限られたNによるもので、必ずしも十分な情報とは言えません。そこで、定性的に受容性を評価することにいきがちです。しかしながら、そもそも新しいものの重要性はなかなか限られたアンケート調査ではわかりません。そこで、新規事業ではデプスインタビューなど、訂正情報が重要となります。

また、いくら現実の情報を頑張って分析しても、行き着く先はありきたりの結論。いろんな会社がやっている事業にいきつくだけです。それよりも、よくあるアイデアだとしても、それらを組み合わせて、統合して、新しいアイデアを見つけていくことのほうが重要です。

ぜひ、新規事業のやり方で悩まれている方は、一度手にとって読んでみると、これまで学んだことを整理しつつ、新しい発見がある本です。


スポンサーリンク