「 コウノドリ 」一覧

妊娠初期はまだまだオメデタをおおっぴらに喜べないかも・・・

妊娠検査薬で陽性が出た。やった。これまで妊活をがんばってきたかいがあった。多くの旦那さん、奥さんが思うことだと思います。でもでも、まだその段階では喜ぶのが早い時期かも。

妊娠初期にどういうことがあるか、何を気をつけるのか、「つわり」ってそろそろ?そう思った方は、ぜひ「コウノドリ」8巻をお読みください。

今回の話では、3人の妊娠初期の方が出てきます。1人は病院で働く看護師さん、2人目は仕事で働くママです。どちらも、つわりに苦しみながら仕事をがんばっています。ただ、この時期結構大事な時期でもあります。3人目は高齢妊娠で喜ぶ夫妻。

高齢妊娠の土井さんは、妊娠5週です。やっとやっと子宮の中に胎嚢という袋が確認される段階です。胎嚢とは、赤ちゃんを包む袋です。超音波検査で確認できます。

ただ、胎嚢が確認できただけでは、まだまだ正常妊娠とはされません。胎嚢と胎芽、そして心拍の確認が必要です。実は、最後の心拍が発見される前の段階が、一番流産しやすいと言われています。

妊娠3ヶ月までの妊娠初期での流産率は約15%と言われています。40歳以上では50%う以上と言われています。

よって、胎嚢が確認できても、心拍が確認する前では、産科医から、母子手帳はまだ早いです。両親とか周りへの報告も心拍を確認してからと言われたりします。

そんな妊娠初期とはどんなものかを知るためにも「コウノドリ」8巻をおすすめします。

 

 

 

 


[妊娠・出産]妊娠を目指す夫妻、妻が妊娠した夫は風疹の予防接種を受けよう

風疹といってどんなイメージを持ちますか?子供の頃にかかって大変な病気。そんなイメージではないでしょうか?

あなたは子供の頃に風疹にかかったことはありますか?おそらく、かかったような、かかってないような。いまいち記憶がない。はしかと風疹は違うの?

そのような記憶が曖昧な妊娠を目指す夫妻、あるいは、妻が妊娠した夫にまず読んでほしいのが、「コウノドリ」の4巻です。特に、男性のみなさんに読んでほしい!

第4巻では、目の見えない子供(ハルカちゃん)が登場します。目の見えない子供の原因は、先天性風疹症候群と呼ばれるものです。お母さんが妊娠している時に風疹にかかってしまった場合、そのお腹の中の子供が目が見えない、耳が聞こえない、心臓に奇形が出るリスクが高まります。妊娠7週目にかかると先天性風疹症候群になる確率は80%。そんなに。。。

コミック中のハルカちゃんをみていると、ウルウル、涙が出ます。

風疹とは、子供が発症するイメージですが、8割は20代~40代で発症しているのが現状です。

風疹のワクチン接種を受けてない世代がいます。実は20代後半~40代。まさに、現在妊娠・出産に関わりそうな世代は、ワクチン接種の問題で受けてないのです。こういった人が風疹にかかり、ウィルスを広めていくことで、かわいそうな子供が

注射一本で防げるものですので、ぜひ風疹の予防接種を受けましょう。お母さんも、産後になったら受けましょう。

 


[妊娠・出産]妻が妊娠時にまず読むべき「ダンナのための妊娠出産読本」

「ダンナのための妊娠出産読本」という、旦那さんの救世主のような本を知っていますか?

妊婦

妻から実は子供ができたの、と言われ、妊娠・出産。全然わからないよ!どうしよう!と思ったときに、起死回生の知りたい情報が満載の本。それがこの本にピッタリの印象です。

妻が妊娠して間もない時期でかつ、初めての子供という場合のダンナさんにおすすめしたい内容となっています。

この本のおもしろさは、妊娠・出産した妻の視点の本ではなく、右往左往しているダンナのための本である点です。

著者は「コウノドリ」の主人公鴻鳥サクラのモデルとなった山海荻田和秀さんです。よって、妊娠・出産のプロであるとともに、一般の人にわかりやすく説明することにも長けている著者となっています。

ちなみに、妊娠して「オメデタ」とはどれぐらいの時期だと思いますか?はっ?お前何を言っているの?妻が妊娠した時が「オメデタ」に決まってるんだろ。そう思った方もいるかと思います。ちなみに、私も妻が妊娠するまではそう思っていました。

この本では、妊娠検査薬で陽性が出た段階。。。ではなく、妊娠8週以降で赤ちゃんの心拍が見られた段階を「オメデタ」の基準としています。これは、実際に、産婦人科に行った私の経験でも、心拍が見られるまでは、周り(親など)に妊娠したと言わない方がいいと言われています。

これはなぜかというと、受精卵5個のうち1子は赤ちゃんが育たないものとなっています。要するにその場合は、流産します。妊婦の生活や行動が悪いという理由ではなく、最初の段階からそう運命づけられています。そこらへんの事情もあり、「オメデタ」は妊娠8週以降となります。

こういったなかなか、初めての出産のパパにはわからない情報が、この本にはつめられています。ぜひ、妊娠したら、パパだけでなく、ママもこの本を熟読してみてくださいね。

 

 

 


[妊娠・出産]妊娠時に読むべき「コウノドリ」の要点を簡単に

突然の妊娠・出産に驚いてこのページをみていませんか?

妊婦

以前に妊娠したらまずコミック「コウノドリ」を読んで妊娠・出産のイメージをつかむことについて書きましたが、もうすでに結構な巻数出ていて、全部読むのは時間がないという人もいると思います。

そんな人におすすめなのは、「コウノドリ 命がうまれる現場から」です。コウノドリでの主要なトピックが名シーンの漫画部分と解説の文章で理解できる仕組みになっています。これ一冊を読めば、一通りの妊娠・出産にまつわる知識を知ることができます。主人公・鴻鳥サクラがナビゲートしてくれる

ここで取り上げられているトピックとしては、自然分娩と帝王切開とか、病院の産科と助産院の違いなど、病院を検討しはじめたら、疑問に思うようなところがでています。

それ以外にも、妊娠時のつわりや、妊娠中の旅行、妊娠中のお父さんの役割など、そのキーワードだけでも気になる内容が書かれています。

さらに、マタニティブルーや産後うつ、産後クライシスなど、あなたにとっても他人事ではない内容がつづきます。

妊娠・出産は、誰もが当たり前にできることではないということを「コウノドリ」を読むことで再認識できると思います。ぜひ、妻が妊娠したという方は読んでみてください。


[妊娠・出産]妻が妊娠した時にまず読むべきコミック「コウノドリ」

「妻から子供ができたの」と聞いたとき。いろいろなことが頭をよぎると思います。そこでまずはじめに、笑顔で喜びを表現するとして、その後どうするか。

すでに子供がいる経産の場合は、落ち着いて対応できると思いますが、はじめての子供の場合、全然妊娠・出産のイメージができないというのが正直なところではないでいでしょうか。なんとなく、妊婦が陣痛で苦しんでいるイメージ。それだけが出産なのではないでしょうか。

そこで、妊娠・出産のイメージを手っ取り早く得るには、文字よりコミック。そこでドラマも放映されて有名になった「コウノドリ」をおすすめします。

出産の喜びと大変さがいっぺんにわかります。さらに、妊娠・出産にかかわるトピックを一通りみることができます。

私も妻の妊娠がわかって、とりあえず、出ている巻をすべてkindleで読みました。

ぜひ、大事な方の妊娠がわかった方は、「コウノドリ」を読んでみてください。

 

 


スポンサーリンク