「 小説・映画・ドラマ 」一覧

企業小説、ビジネス小説、歴史小説、推理小説、映画、ドラマなどの書評・読書感想

[映画]グラディエーターでみるローマ皇帝の立場

映画から、ビジネスパーソンに有用なリーダーシップなどを学ぶこともできます。今回は、ローマの剣闘士(グラディエーター)の話です。組織の上に立つものがどういう危うさやそれに対するかについて、敵方から学びます。

あらすじとしては、西暦180年の大ローマ帝国で、皇帝マルクス・アウレリウスから非常に信頼を受けている将軍マキシマスという架空の人物を主役としている話です。皇帝アウレリウスはマキシマスに次期皇帝を指名しますが、その事実をしったアウレリウスの息子コモドゥスが皇帝アウレリウスを殺し、皇帝となってしまいます。

マキシマスは命を追われ、家族は処刑され、コモドゥスへの復讐に燃えます。マキシマスは、奴隷商人に買われ、コロシアムといった見世物の中で戦う剣闘士(グラディエーター)になって、戦い、コモドゥスへの復讐へと向かっていきます。

ストーリーはこれぐらいにして、この映画の中で印象的なシーンがあります。それはローマが誇る巨大コロシアムであるコロッセオでの出来事です。コロッセオで活躍したマキシマスに会おうと皇帝コモドゥスが戦いの場までできます。そこで、コモドゥスは自分に対して復讐に燃えるマキシマスに出会います。

通常ならば、皇帝であるコモドゥスはマキシマスを近衛兵を使って殺させるのは普通の手段だと思います。マキシマスはコモドゥスを殺したくて仕方がないのですから。

しかしながら、この場面で、コロッセオのたくさんの観客から、「殺すな!殺すな!」コールが出ます。それに対して、コモドゥスは結局マキシマスを殺さないというサインを出すしかありませんでした。

皇帝という名を聞くと、我々はなんでもできるような印象を受けます。気に入らないものは、力がなければ、どんなことでもできそうな気がします。しかし、少なくともこの時代のローマ皇帝は、民衆の支持によってのみ支えられている非常に危うい存在で、復讐に燃える敵(主人公)ですら、その支持がなければ殺せないのが実情でした。

これは企業経営で上に立つ場合でも似たことがあるのはないでしょうか。社長、それも株の過半を持つオーナー社長でも、民衆に相当する従業員の支持基盤なしでは、企業運営ができません。もちろん、その状況は企業ごとに異なると思いますが、そういう会社もあると思います。

コモドゥスは結局民衆の支持を得るために、コロッセオでマキシマスと一騎打ちに挑むことになります。皇帝が元将軍とはいえ、奴隷に挑むなんて普通ではありませんが、一方で、民衆の支持を得るためにそこまでやらなければいけないという切実感を感じさせます。

企業の社長も従業員の支持を得るためには、そういったことが(戦略的に正しいかは考えるとして)、必要なのかも知れません。


[ドラマで学ぶ]ブラックペアンでみるロボット・AIに対する感情

引き続き、人気ドラマでみる現在の世相シリーズです。今度は2018年4~7月期と最近のドラマである「ブラックペアン」を取り上げたいと思います。

ドラマ「ブラックペアン」の主人公渡海征司郎は、大学でえらくなるために必要な論文を書かないため、全然出世できず、一般医局員のままですが、手術の腕はものすごい外科医です。執刀医が手術に失敗したときには、その挽回を請け負うために、失敗した執刀医に辞表を出させて、退職金を巻き上げるということをやっている個性のあるキャラクターです。

原作は、海堂尊さんの「ブラックペアン1988」となっています。

2007年発売であるが、1988とあるように、1988年を意識した原作となっています。ただ、その原作の時代背景とは関係なく、ドラマでは手術支援ロボットなど、様々な最新のテクノロジーが出てきます。

ドラマの視聴率は初回13.7%から平行線をたどるものの、ラスト3回は16.6%、最終回は18.6%と、終盤にかけて伸びる傾向にあり、ドラマのおもしろさが口コミで広がったことがみてとれます。

医療の視点からはツッコミどころがいろいろあることはさておき、このドラマは何の世相を反映しているのでしょうか?

それは、決め台詞の一つである「最後は人」に表れていると思います。ドラマ中は手術ロボットや遠隔手術などの最先端のテクノロジーが出てきますが、お約束の展開として、失敗して、渡海先生が最後に、自分の手でうまく手術を挽回させます。

昨今、AIやらロボットやら、人の仕事が奪われていくというニュースがたくさん流れています。もちろん、すべての仕事がロボットやAIに取って代わられるわけではないですが、漠然とした将来の自分の職への不安が掻き立てられます。

その中で、ロボットやAIが失敗し、人の手でそれを挽回する。そんなストーリーをきくことで、その将来への不安を和らげることができます。それが、このブラックペアンの視聴率アップに寄与しているのではないでしょうか。


[教養]ドラマや映画、小説から学ぶ今の世相、人の心、その国の文化

昔、どこかのブログで読んだのは、(どのブログか忘れてしまったので記憶がおぼろげですが)、日本人のビジネスパーソンはドラマとか小説を読む量が少ない。ドラマや小説から人の機微を感じ取る力をつけるのが重要という話がありました。

また、ドラマで視聴率が高いものは、その時代の一般消費者の世相や考えを表しているから、それをみることは重要だというようなことが書かれていました。基本、素直なタカムはそれ以来視聴率の高いドラマをみるようになりました。

例えば、2017年で一番視聴率が高かったのはドクターXです。

もうシーズン5まできていて、過去の人気を引きずっているかたちとなっています。 もともと、2012年にシーズン1が開始されています。

米倉涼子が演じる大門未知子は、特定の病院や医局に属さない、フリーランスの女性外科医です。その主人公が権威となる大学病院や医局の中で、次々と手術を成功させ、大金を得ていくお話です。「私失敗しないので」は病院ではリスクマネジメントの観点から、禁句のような言葉ですが、それを決めゼリフとして使います。

この作品が人気なのは、もちろん、米倉涼子を始めとする素晴らしい役者の演技や出てくる方々のキャラがたっているなど、いろいろあると思います。メロンを持ってくるとか。

では、この人気について、世相をみるという観点では、どうでしょうか。背景に、組織に束縛されず、フリーランスとして活躍して、大門未知子のように、権威をギャフンと言わせたいという気持ちがあるのではないでしょうか。おそらく、フリーランスとして活躍している人というよりも、フリーランスを憧れるけど、現実は組織に飛び出していく勇気のない人が、主人公の活躍をみて、胸がすっとするというところがあると思います。

そういう観点で、ドラマをみてみると、ドラマに対する新しい見方ができるのではないでしょうか。




 

 

 


[書評]天下統一後の徳川家康から学ぶ均衡が崩れた後の世界「風雲児たち3巻」(おすすめ歴史・幕末コミック)

風雲児たち 3巻 (SPコミックス)

[おすすめ読者]徳川家康から天下統一時に何が起き、それをどう生かすかを考えたい方

(ネタバレにつながる表現がある可能性がありますので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。基本は漫画の紹介ではなく、漫画から何を学ぶかを主眼に書きます)

風雲児たちは、幕末期の日本をコミカルなキャラと計画なストーリーで描いたみなもと太郎の漫画です。ただ、なぜか関が原の合戦からはじまり、かなりの巻数を江戸時代に費やしています。かなりの巻数がでていますが、未だ江戸時代で桜田門の変を終わって、少し巻が進んだ程度です。

この漫画から、ビジネスや人生などについて学ぶところを今後いくつかピックアップしていきます。その関係からいきなり第3巻です。

豊臣家を滅ぼした後の徳川家康の豹変

第1巻から読んで、第3巻のこの場面を読んでほしいですが、大阪の陣で豊臣家を滅ぼす前の関が原の合戦後とかその辺りと、滅ぼした後の徳川家康の激変をうまく表現しています。(実際こんな態度をとったかは知りませんが、その後の政策から大名の置かれた立場がよくわかります。)

大阪の陣終了後は次のように描かれています。

徳川秀忠:あ 大名どもが祝いをのべにきおった
大名1:おめでとうござる
大名2:おめでとうござる
大名3:おめでとうございます
(中略)
大名たち(にこにこにこにこにこ)

徳川家康:ごくろーはん
徳川秀忠:さいなら・・・・・

大名1:いいい いったいどうしたんじゃろ
大名2:あれほどやさしかった将軍家が
大名3:前の関ヶ原の時は一人ひとりの手をとってさぁ
大名4:そうそう ものすごく丁寧だったのに・・・・

徳川家康:バカが
徳川秀忠:ふふふ・・・。諸大名はまだ気づいておらんのですかな。豊臣家の存在していた昨日までの徳川家と今日よりの徳川家がまるで違ったものであることを・・・・
徳川家康:いやでもそのうちわかってくる。日本全国の大名はこれで完全に徳川家の自由になった。
徳川秀忠:名実ともに天下統一になりましたな・・・・

さすが漫画だけあって、非常にはっきりと徳川家康、徳川秀忠の気持ちを描いています。その後、徳川秀忠から大名の城は一国一城に制限するなどの指令がでます。その後に次のように描かれています。

大名(かれ)らはやっと気づきはじめた・・・・。
日本史上かつてない巨大な力が自分たちの上に君臨してしまったことを。
もはや自分たちは徳川家の飼い犬にすぎなくなりつつあることを・・・・

江戸時代初期は戦国時代のようなときが終わった世界を学ぶ材料

すなわち、関が原の合戦の前、豊臣家の滅亡前は、豊臣家、石田三成といった徳川家と拮抗できる勢力がありました。その間は、徳川家康も非常に大名には気をつかっていました。それが、拮抗勢力なくなった瞬間、豹変したということです。

特に関が原の合戦以後は、徳川家優位はかなりはっきりしていたと思うので、徳川家についていくというのは(もちろん、いろいろな背景があるのでできない大名も多いですが)選択として間違っていないと思いますが、その後の展開をみると考えさせられます。

各大名の立場として学ぶこと

昔の話は関係ないと思うかもしれませんが、現実世界でもあり得ることのように思います。もちろん、社内の派閥として、拮抗している時はその部下としてついているもはよいが、それが崩れた時に、反対派はもちろん、賛成派もその後の展開はよく考えた方がよいということもあります。ただ、ここでは、事業戦略の観点から考えてみたいと思います。

プラットフォームビジネスの観点から考えてみる

ビジネス面では、依存しているプラットフォームの均衡という観点もあると思います。プラットフォームは、例えば、スマホアプリだと、apple store, android play、ゲーム機だとプレステ、Xbox、あとは、ショッピングセンターとか、いろいろなビジネスがプラットフォームとその上にあるビジネスで成り立っています。

プラットフォームビジネスについては次の本などを参照してください。

プラットフォームビジネス最前線 26の分野を図解とデータで徹底解剖

結構プラットフォームビジネスはApple vs. Googleのように、拮抗していることが多いですが、それが一方が大きく勝って、天下統一されたらどうなるでしょう。もちろん、負け組しか対応できていないビジネスは悲惨です。関が原の合戦の後の西軍の大名のようになるかもしれません。

ここでのポイントは東軍の親徳川派も気をつけないといけないということです。天下統一後に、徳川家のように、ビジネスにのっかっている人を締め上げるかもしれません。大名という名のプラットフォームにぶらさがるビジネスをする者としては、両者が拮抗している戦国時代が一番よいのかもしれません。(それはそれで問題があるかもしれませんが)


風雲児たち 1巻 (SPコミックス)

風雲児たち 2巻 (SPコミックス)

風雲児たち 3巻 (SPコミックス)


[映画]不正によって壊れる企業の中の人の心理「エンロン」(おすすめビジネスパーソン映画)

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?(字幕版)

[想定視聴者]不正会計でつぶれたエンロンの実態がどうだったか知りたい方

リーマン・ショックの映画「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」の記事に引き続き、アレックス・ギブニー監督のドキュメンタリー形式の映画「エンロン」です。エンロンは多くの人がその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

エンロン

エンロンは、全米第7位、世界第16位の巨大企業まで成長したエネルギー会社です。アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンにもともとあり、総合エネルギー取引とITビジネスを行ってきました。2000年度の売上高は1,110億ドルで、従業員は20,000人以上いました。有数の大企業です。

エンロンの粉飾決算による破綻

2000年以降も成長が見込まれ、どんどん株価は上昇していきました。ドットコムバブルも崩壊の兆しが見えている時期で、余計にエンロンに期待が持たれていたことは映画でもでてきています。しかしながら、巨額の不正経理・不正取引による粉飾決算が明るみに出て、2001年12月に破綻に追い込まれた。不正会計に加担した会計事務所アーサーアンダーセンはこの事件によって、長い歴史の幕をおろしています。

ドキュメンタリー映画

様々な関係者の証言は続く形式の映画です。元社員、経営者、その他。そこで出てきたものは、モラルのかけらもないような経営者の行動です。例えば、カリフォルニアで意図的に停電を作り上げて、電力需要を高めるとかもやっていたりして、そこのシーンではいくらなんでもと思うところがありました。見せかけの急成長し、それを粉飾という化粧をしながら、舞い上がって、モラルが崩壊していく企業を実感できます。

エンロンの経営者ジェフリー・スキリングの実像

ちなみに、エンロンで捕まった経営者ジェフリー・スキリングは、クリステンセンの本「イノベーション・オブ・ライフ」にも、出てきます。クリステンセンのハーバード・ビジネス・スクール時代の同級生です。そこでは決して犯罪を犯すような人ではなかった。とても優秀で人格的にも素晴らしい人だったと言っています。そういう人も道を誤るということは、我々も道を誤るリスクをもっているということです。「イノベーション・オブ・ライフ」を読みながら、その点を再度考えたいものです。

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?(字幕版)


[映画]エリートビジネスウーマン必見。働く女性が感極まる「マイ・インターン」 (ビジネスパーソンが見るべきおすすめ映画)

映画:マイ・インターン(字幕版)


[おすすめの視聴者]男勝りで働いているエリート階段を昇っている働く女性かそのような女性とはどういう気持ちかを知りたい人

去年、映画館でみた女性がばりばり働くことを考えさせる映画「マイ・インターン」の紹介です。

(ネタバレが含まれている可能性がありますが、ご容赦ください。)

ママであり女性起業家として活躍するジュールス

主人公は、ニューヨークのネット系ファッションビジネスを創業したCEOジュールス(アン・ハサウェイ)とそこでインターンとして雇われるベン(ロバート・デ・ニーロ)です。ジュールスは、短期間で会社を一気に拡大した絵に描いたような成功した起業家です。そのため、会社自体も若く、出てくる従業員は若い人ばかりという、ベンチャー起業家女性として描かれています。

旦那は専業主夫として、子どもを一人で育てています。まさに、スター女性起業家であり、ワーキングマザーである生活。

若者の中で自分なりに奮闘する70歳のベン

そんな中で、シニアインターン制として入社してきた70歳のベンです。慣れない若者ばかりの職場ですが、その人柄や過去に培った経験から徐々に社内での地位を得てきます。そして、後半ではジュールスのよき相談役になっていくというストーリーです。マイインターンという名前通り、そこらへんは映画としていろいろおもしろいところがあります。

見どころは若手女性起業家として苦悩するジュールス

個人的に興味深かったのは、若手女性起業家として苦悩するジュールスです。ジュールスも仕事がバリバリできる人間だといっても、まだまだ若い起業家という設定となっています。よって、未熟なところも結構あり、そのため、いろいろな決断を迫られます。それはビジネスの部分もあり、家庭の部分もあります。その時、ジュールスがかなり苦悩します。ジュールスがどういう思いでいるのか、何を考えているのか、そして、どう決断し、行動をとるのか、そこがエリートワーキングマザーに共感を呼ぶポイントだと思います。

アメリカも女性起業家へ世間の風当たり強いのか?

アメリカというと、日本なんかと違って、男女平等で、できる女性は賞賛されるのかと思っていました。しかしながら、この映画で描かれているのは、幼稚園では専業主婦ばかりで、母親が働くことに対して否定的なように描かれています。アメリカでもそんなところがあるのかということを実感しました。

興味をもった方はぜひ一度みることをおすすめします。

マイ・インターン(字幕版)


[書評]英雄と称されたリーダーの在り方を学ぶ「ナポレオン ~覇道進撃~ 10巻」(ビジネスパーソンおすすめ歴史漫画)

ナポレオン ~覇道進撃~ 10巻 (コミック(YKコミックス))

[おすすめ読者]フランスの英雄の奢りから学ぶ組織マネジメントについて知りたい方

(ネタバレにつながる表現がある可能性がありますので、ネタバレが嫌な人は読まないでください)

たまには、軽いネタを。実はタカムは無類の漫画好きです。そこで、漫画・コミックを読んで、ビジネスパーソンや人生の役に立ちそうなところだけを考察していきます。

ナポレオンは御存知の通り、フランス革命以後のフランスの英雄です。この漫画はそのナポレオンの数々の実績を描いています。

獅子の時代が15巻あり、その後の覇道進撃で10巻目なので、結構な巻数がこれまで出ています。この時代はナポレオンの頂点で、これから徐々に下り坂に落ちていく当たりです。

部下を命令で動かすナポレオンと自律を促すジョン・ムーア

第10巻では、ナポレオンとイギリスのジョン・ムーアが対照的に描かれています。それは、次の一説にコントラストがよく現れています。

ナポレオン:ルフェーブルめ!!なぜ勝手に攻撃した。おかげで左翼のブレイク軍が思いっきり退却しやがった。お前たちは考えるな。俺の計画に従え!!

サー・ジョン・ムーア:それはなぜだ?よく考えるだ。発射回数を増やすことは大切だ。一分間に4発撃てば十分強いといえる。だが命中率を上げること。こちらがより重要だ。一分間に5発撃てても全部外れては意味が無い。

(中略)

フォンダ:あなたは将軍ではなく、学校の教師のようです。

サー・ジョン・ムーア:兵士は機械じゃない。人間だ。学ばせるんだ。より多くを学べばそれだけよくなる。

フォンダ:あれで本当に勝てるようになるんですか?命令だけの方が・・・

サー・ジョン・ムーア:軍隊の話じゃない。世界の話だ。

ナポレオンは、誰もが認める天才です。これまでのこの漫画のストーリーの中で数々の素晴らしい戦績をあげてきています。その軍略は当時の最高峰であることは誰もが認めるところです。

一方で、そのような戦果・地位の向上はナポレオンといえども、高慢さをうみます。部下が自律的に自分の考えで動くよりも、ナポレオンのコマとして動くほうが戦争に勝つ最短距離だとナポレオンを考えます。

一方で、スペインを助けに来た、イギリスの名将サー・ジョン・ムーアは、イギリスの闘い方を単純に押し付けるのではなく、スペイン人にナポレオンに対する勝ち方をスペイン人自身に考えさせます。

これは、現代の組織論で考えてもおもしろいところです。自律的なボトムアップの組織と天才が率いるトップダウンの組織のどちらが強いのでしょうか?心情的には、ボトムアップこそが最強の組織論だと思ってしまいます。それは、本当に正しいのでしょうか?

これまで、ナポレオンの天才的なトップダウンで勝ってきた歴史があるだけに、トップダウンがボトムアップに負けるというのも、自明ではありません。

これから、この巻以降に、トップダウンのナポレオン軍がどのようになっていくか。それをじっくり読んで、どういう組織がどの場面で力を発揮するのか。それを考察していきたいと思います。

本書で感じたこと

私は自律的にボトムアップで仕事を進めていくことを好みます。しかしながら、この漫画を読んで、ボトムアップで進めていくべき時の要件とトップダウンで進めていくべき時の要件があるように思います。その要件を、今後明らかにし、状況・環境に応じて、使い分けていきたいと思います。


ナポレオン ~覇道進撃~ 10巻 (コミック(YKコミックス))

著者:長谷川哲也
出版社:少年画報社
発売日:2016/2/29)



[映画]リーマン・ショックとは何だったのか「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 (字幕版)」 (ビジネスパーソンが見るべきおすすめ映画)

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 (字幕版)

[おすすめの視聴者]あのリーマン・ショックって結局何だったのか振り返りたい方

あまり映画は多くは見ませんが、ビジネスパーソン向けで面白かった映画を時々紹介します。今回は、リーマン・ショックを振り返った「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」です。

2008年に起きたリーマン・ショックはまだまだ記憶に残っていると思います。私もおそろしい勢いで株価が下がっていくのをテレビでみていた記憶があります。住宅ローンのCDOの問題だということはよく聞かれる話ですが、いまいち、その発生の歴史的経緯まで含めると金融業に携わっていないこともあり、わからないことが多かったです。

インサイド・ジョブは金融業界の内部関係者、例えば、銀行のエグゼクティブ、政府の重要人物、大学教授などへのインタビューをベースにずっと話が進んでいくタイプの映画です。それにより、その発生の背景から、実際の発生時、その時、各人がどう動いたのかがよくわかります。

インタビューを拒否した人は、◯◯はインタビューに応じなかったと出てきて、結構切り込んでいます。「詳しく話せない」、「強力するんじゃなかった」とかインタビュー相手から出てきていて、よい感じです。ここらへんがアメリカの映画というメディアの力を感じますね。とんだとばっちりを受けている人もいるでしょうけど。

興味をもった方はぜひ一度みることをおすすめします。

 


スポンサーリンク