[映画]グラディエーターでみるローマ皇帝の立場

映画から、ビジネスパーソンに有用なリーダーシップなどを学ぶこともできます。今回は、ローマの剣闘士(グラディエーター)の話です。組織の上に立つものがどういう危うさやそれに対するかについて、敵方から学びます。

あらすじとしては、西暦180年の大ローマ帝国で、皇帝マルクス・アウレリウスから非常に信頼を受けている将軍マキシマスという架空の人物を主役としている話です。皇帝アウレリウスはマキシマスに次期皇帝を指名しますが、その事実をしったアウレリウスの息子コモドゥスが皇帝アウレリウスを殺し、皇帝となってしまいます。

マキシマスは命を追われ、家族は処刑され、コモドゥスへの復讐に燃えます。マキシマスは、奴隷商人に買われ、コロシアムといった見世物の中で戦う剣闘士(グラディエーター)になって、戦い、コモドゥスへの復讐へと向かっていきます。

ストーリーはこれぐらいにして、この映画の中で印象的なシーンがあります。それはローマが誇る巨大コロシアムであるコロッセオでの出来事です。コロッセオで活躍したマキシマスに会おうと皇帝コモドゥスが戦いの場までできます。そこで、コモドゥスは自分に対して復讐に燃えるマキシマスに出会います。

通常ならば、皇帝であるコモドゥスはマキシマスを近衛兵を使って殺させるのは普通の手段だと思います。マキシマスはコモドゥスを殺したくて仕方がないのですから。

しかしながら、この場面で、コロッセオのたくさんの観客から、「殺すな!殺すな!」コールが出ます。それに対して、コモドゥスは結局マキシマスを殺さないというサインを出すしかありませんでした。

皇帝という名を聞くと、我々はなんでもできるような印象を受けます。気に入らないものは、力がなければ、どんなことでもできそうな気がします。しかし、少なくともこの時代のローマ皇帝は、民衆の支持によってのみ支えられている非常に危うい存在で、復讐に燃える敵(主人公)ですら、その支持がなければ殺せないのが実情でした。

これは企業経営で上に立つ場合でも似たことがあるのはないでしょうか。社長、それも株の過半を持つオーナー社長でも、民衆に相当する従業員の支持基盤なしでは、企業運営ができません。もちろん、その状況は企業ごとに異なると思いますが、そういう会社もあると思います。

コモドゥスは結局民衆の支持を得るために、コロッセオでマキシマスと一騎打ちに挑むことになります。皇帝が元将軍とはいえ、奴隷に挑むなんて普通ではありませんが、一方で、民衆の支持を得るためにそこまでやらなければいけないという切実感を感じさせます。

企業の社長も従業員の支持を得るためには、そういったことが(戦略的に正しいかは考えるとして)、必要なのかも知れません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク